記事一覧

「LV トレイナー・ライン スニーカー」に新作4型

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、メンズスニーカー「LV トレイナー・ライン スニーカー」の新作をルイ・ヴィトン 一部ストアなどにて2020年11月13日(金)より順次発売する。

「LV トレイナー・ライン スニーカー」は、メンズ アーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブローがバスケットボールシューズから着想を得てデザインしたシューズ。2019年春夏コレクションのランウェイにて発表されて以来、定番シューズとして展開されている。今回は新作として、4モデルがラインナップに仲間入りを果たす。

ホワイトのカーフレザーアッパーに、ブルー、レッドを加えたトリコロールカラーのモデルは、サイドにLV イニシャルをオン。ソールにはモノグラム・フラワーを配し、さりげないアクセントを効かせている。
ルイヴィトン 偽物

華やかなメタリックシルバーカラーが目を引くシューズには、メゾンのネームが手書き風にあしらわれている。テクニカルラバーアウトソールにはジェルのインサートを組み込み、小ぶりなLV イニシャルを配して都会的な雰囲気を演出する。

モノグラム・エクリプス キャンバスとスエードを組み合わせ、質感のコントラストを表現したスニーカーも登場。ブラックのアッパーがシックさを見せる一方で、ホワイトのソールがクリーンなムードをもたらしている。

また、ヴィヴィッドなグリーンのシューズは、エンボス加工でアイコニックなモノグラム・モチーフとLV イニシャルを表現し、プレイフルな印象を演出。ソールからアッパーに至るまで全て同色で統一した、アイキャッチなカラーリングでストリートテイストに仕上げた。

ニューバランス「M1300」

ニューバランス(New Balance)のアイコンスニーカー「M1300」から、初の日本製「M1300JPJ」が登場。ユニセックスモデルが、2020年7月17日(金)より、東京・日本橋浜町に同日オープンするコンセプトストア「ティーハウス ニューバランス」、ニューバランス公式オンラインストアで発売される。

「M1300」から初のメイドインジャパンモデル

「M1300JPJ」は、「M1300」のオリジナルモデル発売35周年を記念して誕生するもの。「M1300」は1985年から現在にいたるまで、オリジナルに準じたメイドインUSAかつヌバック&メッシュのアッパー素材でのみ復刻されてきたが、今回はオリジナルのカラーやディテールはそのままに、メイドインジャパンかつ最高級国産フルヌバックレザーに素材をアップデートして発売される。

日本の工房でフルハンドメイド

「M1300JPJ」は、ニューバランスとグローバル・パートナーシップを結んでいる日本の工房「ミムラボ(M.lab)」で製作。普段はアスリートに向けたパフォーマンス・ランニングシューズを製造している職人たちが、レザーシューズ本来のクラシックな製造工程を用いて、フルハンドメイドで仕上げている。

メイドインUSAでは機械を用いて吊り込みをするところを、1足1足手作業によって行っており、「M1300」伝統のシルエットである「SL-2」ラストの形状により沿った、フィット感のあるシューズを作り上げた。

国産の最高級レザーを使ったアッパー

アッパーには、100年超の歴史を持つ日本を代表するタンナー「山陽」が厳選した、きめ細やかなステアハイドを採用。

ステアハイドは、牛一頭、1スキンの染色工程で色ブレやばらつきが大きくでること、また高コストであることなどを理由に、スニーカーにはメイン素材として採用されることが少ない素材だ。今回は、染色可能なステアハイドの選定と、国産の丁寧な染色作業によって、アッパーへの起用が叶った。

“アルファベット”を名前に冠した26足のスニーカーシリーズ「A-ZX」

アディダス オリジナルス(adidas Originals)から新スニーカー「R - Retro : ZX 1000C」が、2020年8月7日(金)よりアディダス オリジナルス フラッグシップ ストア 原宿・新宿ほか取扱店にて発売される。

“アルファベット”を名前に冠した26足のスニーカーシリーズ「A-ZX」

2008年から2009年にかけてデビューしたアディダス オリジナルスの「A-ZX」シリーズ。2020年秋冬シーズン、アディダスは「A-ZX」シリーズのデビュー以来初となる、AからZまでアルファベットの頭文字をモデル名に冠した全26足のシューズを連続でリリースする。
Dior B23 偽物
第1弾は「ZX 1000C」シリーズの初代モデルを初復刻

シリーズ第1弾のアルファベットは“R”。「R – Retro(レトロ)」として、1980年代後半に登場したアディダスのスニーカー「ZX 1000C」シリーズのファーストモデルを初めて復刻する。

「R - Retro : ZX 1000C」は、モノクロの合成スエードとナイロン製メッシュアッパーを組み合わせたアッパーをベースに、アディダス オリジナルス伝統のブルーをスリーストライプス、つま先、ヒール部分に配した。


クリーム色のアウトソールには、足の安定性を向上させる「トルションシステム」が搭載されている。

なお「A-ZX」シリーズは、本モデルを皮切りに、世界で注目を集めるパートナーとのコラボレーションやアディダスのアーカイブモデルから着想したモデルを続々と展開予定。アルファベット1文字につき1モデルずつ登場するので、第2弾以降のモデルにも注目だ。

VANSの“フレイムパターン”が復刻

VANS(ヴァンズ)から、“フレイムパターン”のスニーカーコレクションが復刻。2021年6月19日(土)より、オープン1周年を迎えたVANSストア原宿にて先行発売される。

古き良きアメリカンカルチャーから派生し、パンク・スケートなど様々なカルチャーをバックグラウンドに感じさせる炎のモチーフをあしらったVANSの“フレイムパターン”シリーズ。不定期的(直近では2020年)にリリースされる度に人気を博している限定モデルが、再び復刻。

「オールドスクール」&新登場の「チャッカ」の2モデル

今回は、VANSの定番モデルであり、近年ではファッションアイテムとしての人気も高まっている「オールドスクール(Old Skool)」に加え、スケーターやサーファー、バイカーから愛されてきた往年の名作「チャッカ(CHUKKA)」が新たにラインナップ。いずれもブラックのアッパーとホワイトのミッドソールを合わせたシンプルなスタイルをベースに、炎のモチーフが大胆にデザインされている。

アディダス「ポケモン」コラボスニーカー&Tシャツ

アディダス(adidas)とポケモンのコラボレーションによる新作コレクションが登場。ユニセックス&キッズのスニーカーなどが、アディダス ブランドコアストア 各店、スポーツオーソリティ各店、アスビー、ジーフット、ポケモンセンターなどで、2020年1月22日(水)より順次発売される。

アディダスとポケモンのコラボレーションによる新作コレクションは、ゲームシリーズ「ポケットモンスター」の初期を彷彿とさせる8ビットグラフィックスから着想を得たデザインが特徴。ピカチュウをはじめとする人気キャラクターをピクセル化したグラフィックを、ユニセックス&キッズのスニーカーやウェアなどに配している。
Dior B23 偽物

大人向けに展開されるのは、ユニセックスのスニーカーとTシャツ。スニーカーは、ランニングスタイルの「フォスフィア(adidas Phosphere)」のソールに、モノトーンでポケモンを描いたモデルを用意した。

Tシャツはアディダスのブランドロゴに、ピカチュウ、ゼニガメ、ヒトカゲ、フシギダネ、イーブイをあしらったデザインなどを取り揃える。

キッズは、スニーカーをはじめ、3月以降順次発売となるトラックスーツ、ショーツ、Tシャツを展開。スニーカーは、ピカチュウをあしらった「アドバンテージ(adidas Advantage)」と、グラフィカルなソールにもこだわった「フープス ミッド2.0(Hoops Mid 2.0)」の2種類が揃う。

かっこよくて歩きやすいスニーカーが色々♪


ナイキはスマートなシルエットの「スポーティ&洗練されたデザイン」が魅力的。カジュアル・マニッシュ・リラックスなどなど、意外と色んなコーデに使っていける万能なスニーカーです。

【チャレンジャー】
1979年に登場したランニングシューズを今時らしくモデファイした名モデル♪。トレンドのレトロ風味もあいまってデイリーに活躍すること間違いありません。

【タンジュン】
軽さとシンプルデザインにこだわった新モデル。長時間歩いても疲れにくいので、ウォーキングやお出かけにも重宝します♪

【プリモントリオール レーサー】
スタイリッシュでカッコいい★ 抜群の通気性と耐久性も備えたカジュアルユースの大人気モデル。

「マカロン」カラー&グラフィックを採用

スタジオ セブン(STUDIO SEVEN)から、ニューバランス(New Balance)とミタスニーカーズとトリプルコラボレーションしたスニーカーが登場。メンズ&レディースサイズが、2020年4月29日(水・祝日)よりミタスニーカーズ店頭と、スタジオ セブン、ニューバランス、ミタスニーカーズ公式オンラインストアで発売される予定だ。

コラボレーションスニーカーのベースとなったのは、ニューバランスのランニングカテゴリーから1996年に発売された名作「850」をアップデートした「ML850」。人気スニーカーに、“マカロン”からインスピレーションを得たパステルカラーやモチーフを落とし込んでいる。

ホワイト、ブラック、ライトグレーを基調としたボディには、ピンクや水色、パープルといった“マカロン”カラーを散りばめて。ヒール部分には、“マカロン”グラフィックをあしらった。トリプルコラボレーションの証としてインソールにはスタジオ セブンのアイコン「コーションロゴ(Caution Logo)」とミタスニーカーズのシグネチャー「チェーン リンク フェンス(金網)」、3ブランドのロゴマークを配している。

マテリアルにもこだわり、アッパーはナイロンメッシュ、スエード、シュリンクレザー、ヌバックなどを用いた異素材ミックススタイルに。機能性も重視し、脱ぎ履きを容易にするプルストラップを新たに設置した。

デニム素材の「カプシーヌ」

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の2019年春夏コレクションから、新作レディースバッグを紹介

アイコンバッグ「カプシーヌ」には、デニム素材の新色がラインナップ。ハンドルやストラップ、LVイニシャルパーツには、真っ赤なレザーをあしらい、コントラストを効かせている。フラップやバッグ上部には、コットンの繊細なフリンジを配して華やかに。ハンドバッグとしてはもちろん、取外し可能なストラップ付きでショルダーバッグとして使うこともできる。

横尾忠則の作品を落とし込んだカラフルスニーカー


2020年1月より、UGGの厚底スニーカー「UGG CA805」をベースに毎月異なるテーマで展開している「12×12」コレクション。10月は、日本人アーティスト・横尾忠則の作品を落とし込んだ4型をラインナップする。

アッパーには、横尾忠則の代表作である「Self-Portrait」と「Wonderland II」のパターンやモチーフを使用。「CA805 X Yokoo Self Portrait」は、レッドをメインにビビッドカラーのパーツを組み合わせ、ユニークなビジュアルに仕上げている。

一方「CA805 X Yokoo Wonderland」は、メインカラーにレッド、ブルー、パープルを使用した3つのマルチカラーを用意する。

Baker 36


こちらは「ベイカー」の36mmモデルでちょっぴり大きめ。
メンズっぽいサイズだけれどルックスは上品。大人カジュアルに活躍してくれます。

“星を散りばめた”ペイズリー柄スニーカー


「プロライド SK PS OX(PRORIDE SK PS OX)」は、アーカイブのバスケットボールシューズをスケート仕様にアップデートしたスニーカー。アッパーには、小さな星をさり気なく散りばめたオリジナルのペイズリー柄を採用した。
カラーは、あらゆるコーディネートに取り入れやすいベーシックなブラック1色で展開。ホワイトのスペアシューレースが付属するので、気分に合わせて付け替えられる。

カルティエの腕時計「パシャ ドゥ カルティエ」に存在感あるクロノグラフ&華奢な30mmケースの新作

カルティエ(Cartier)は、アイコンウォッチ「パシャ ドゥ カルティエ」の2021年新作腕時計を2021年4月より順次発売する。

「パシャ ドゥ カルティエ」から2つの新モデル

「パシャ ドゥ カルティエ」は、1985年の誕生以来人気を誇る、大胆でグラフィカルなシグネチャーを取り入れた腕時計。円形のダイアルの中央には、レールウェイミニッツトラックがスクエアを描き、2つの図形の出会いの中で時を刻む。2020年には刷新され、デザイン性が向上しただけでなく、人間工学に基づいて快適な付け心地も実現した。

そして2021年、「パシャ ドゥ カルティエ」の鍵となる新たな2種類のモデルが誕生する。

存在感のある41mmのクロノグラフモデル

41mmのクロノグラフモデルは、目盛り付き回転ベゼルと2つのプッシュボタンを配してより存在感あるデザインに。また、パシャ初のクロノグラフウォッチとなった歴史的モデルを踏襲し、ブルーカボションがセットされた2つのボタンはボリューム感あるサイズ感に仕上げた。

時計の心臓部には、「キャリバー 1904-CH MC」カルティエ マニュファクチュール ムーブメントを搭載。時を刻む様子は、サファイアクリスタル ケースバッグから眺めることができる。ワンプッシュでストラップの付け替えも可能かつ、道具なしでメタル製ブレスレットの長さ調節ができるのも新たな「パシャ」の魅力だ。

ジュエリーのように身に着けられる新サイズの30mmモデル

華奢な腕にも馴染みやすく、まるでジュエリーのように身に着けられる新サイズの30mmケースも登場。フェミニンなサイズのこのウォッチは、リューズカバーに隠れる場所へイニシャルエングレービングができるほか、41mmのクロノグラフモデルと同じくブレスレットおよびレザーストラップの交換を容易にできる。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ